銀行

タイには日本人窓口を設けている銀行があり、日本語表示のATMも設置されているなど、銀行サービスを快適に利用することができます。

タイの銀行事情

タイにはバンコック銀行をはじめとする大小さまざまな銀行がありますが、国際マネーロンダリングを防ぐためタイ中央銀行からの指示で、労働許可証(ワークパーミット)がないと口座を開設できません。

※仕事などでタイに来ている外国人なら、在大使館の発行する戸籍記載事項証明、ノンイミグラントビザ(就労ビザ)、労働許可証、パスポートなどの提示で口座開設が可能です(銀行により、提出書類や口座開設可否は異なります)


ATMカードを持っていれば24時間無料で利用が可能ですが、年会費がかかります(バンコック銀行の場合、1枚につき毎年200〜599バーツ)ATM利用時の注意点としては、ある一定の時間が経つと、挿入口のATMカードは自動的に回収される仕組みになっていること。

※タイではキャッシュカードの前に現金が出てくるため、気をつけましょう。


万が一取り忘れたら銀行に問い合わせ、手数料を払って再発行の手続きを行います。

※100〜599バーツほど。


ATMカードにデビットカード機能がついていれば、スーパーなどの加盟店でサインひとつで買い物が可能。
自身の口座から引き落とされるため、多額の現金を持ち歩く必要がなく安心です。


タイでは、最低預入金額を設定している銀行がほとんど。
残高が満たない場合は、口座管理料が引き落とされます。
例えばバンコック銀行の普通預金の場合は、口座残高が2,000バーツ未満、かつ、1年以上口座に入出金がなければ、毎月50バーツの口座管理料が自動で引き落とされます。

※残高確認が必要です。

主な商業銀行

Bangkok Bankバンコック銀行

SWIFTコード

BKKBTHBK

WEBサイト

https://www.bangkokbank.com/en/International-Banking-Japanese-Customer


Bank of Ayudhyaアユタヤ銀行

SWIFTコード

AYUDTHBK

WEBサイト

https://www.krungsri.com/bank/jp/main-page.html


Krung Thai Bankクルンタイ銀行

SWIFTコード

KRTHTHBK

WEBサイト

https://krungthai.com/en/personal


Thai Military Bankタイミリタリー銀行

SWIFTコード

TMBKTHBK

WEBサイト

https://www.tmbbank.com/en/home


Kasikorn Bankカシコン銀行

SWIFTコード

KASITHBK

WEBサイト

https://www.kasikornbank.com/EN/personal/Pages/Home.aspx


Thanachart Bankタナチャート銀行

SWIFTコード

THBKTHBK

WEBサイト

https://www.thanachartbank.co.th/TbankCMSFrontend/defaulten.aspx


Siam Commercial Bankサイアムコマーシャル銀行

SWIFTコード

SICOTHBK

WEBサイト

https://www.scb.co.th/en/personal-banking.html


United Overseas BankUOB銀行

SWIFTコード

UOVBTHBK

WEBサイト

https://www.uob.co.th/default-en/index.page


日本語デスクのある主な銀行

バンコック銀行 シーロム本店

住所 333 Silom Rd.
営業時間

月〜金曜 8:30〜16:00

Eメール

[email protected]

1階「口座開設カウンター」入口の発券機で、7番の「日本語サービス」の札を取ります。


アユタヤ銀行 エムクオーティエ支店

住所 エムクオーティエ3階
営業時間

毎日10:00〜20:00


国際送金、タイから日本へ

タイの各銀行では、国際送金を受け付けています。
銀行窓口で国際送金を依頼する場合は、下記証明書等が必要です。

  • ①パスポート
  • ②預金通帳
  • ③会社発行の給与明細書
  • ④銀行指定の国際送金申込書

その他、銀行によってはワークパーミットの提示を求められる場合があるので、念のため用意しておきましょう。
申込書は、各銀行にあり、送金先の金融機関名・支店・口座番号・口座名義人の他、その支店の住所とSWIFTコードが必要です。

※SWIFTコードとは、国際銀行間金融通信協会(SWIFT)が提供する国際送金システム上で、相手方の銀行を特定するために用いられる金融機関識別コードのこと。


日本の主な銀行のSWIFTコード

Mitsubishi Tokyo UFJ Bank三菱東京UFJ銀行
SWIFTコード

BOTKJPJT


Mitsui Sumitomo Bank三井住友銀行
SWIFTコード

SMBCJPJT


Mizuho Bankみずほ銀行
SWIFTコード

MHCBJPJT


Resona Bankりそな銀行
SWIFTコード

DIWAJPJT


Saitama Resona Bank埼玉りそな銀行
SWIFTコード

SAIBJPJT


国際送金、日本からタイへ

日本からタイへの送金手続きには、受取人の口座名義・口座番号・名義口座の種類(普通預金口座など)・送金先銀行のSWIFTコードが必要です。
バンコック銀行では、タイ時間16時までに受け取った送金は、原則当日に入金処理されます。

インターネット&モバイルバンキング

タイでも、インターネットやスマートフォン、タブレットを使ったモバイルバンキングの利用ができます(ワークパーミットや所定の長期滞在ビザ保有者に限ります)口座開設時に希望すれば、簡単に登録することが可能。
いつでもどこでも、送金手続きや預金残高の照会、クレジットカードの利用明細の確認、投資信託の売買手続きなどのサービスが受けられます。

この記事をSNSでシェア!

PR
  • 次世代型の電子黒板「IWB」。タッチセンサー搭載。画面に直接書き込み、情報をデジタル化。異拠点間でのデータ共有・保存も可能。
    1ライセンスで最大50拠点まで接続可能!音声が途切れづらく会話がスムーズ。高いセキュリティーで安心してご利用いただけます。無料デモ実施中

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top