K-popアイドルイベントの行方

メンバーと会いたくてアルバム購入に100万Bを費やしたファンも。 Covid-19の影響によるイベント内容の変更が与えた波紋とは

タイにも多くのファンがいるK-pop。

その中でもひときわ有名な人気グループのファンミーティングが、開催内容を変更したために大きな波紋を投げかけている。

「GOT7」がその超人気グループ。

今年9月に発表されたツイッターの「#KpopTwitter 」調査によると、タイ国内で最もツイートされたアカウントが「@GOT7official」だ。

問題となっているのは、そんなGOT7のファンミーティングイベントが、 突如オンライン化されると発表されたことによる。

主催者であるeコマースサイト「SHOPEE Thailand」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を理由にしている。

しかし、それを黙って認められないのが熱烈なファンたち。

10月30日には、110人のファンが消費者保護局(OCPB)に請願書を提出したという。

なにしろそれら110人は、GOT7と実際に会いたいがために、同サイト内の「JYP Official Shop」でGOT7のアルバムを総額で約600万Bも購入。

オンライン上のテレビ電話で話すためのだけに、こんなに多額の買い物をしたわけではないと訴えている。

アイドルと実際に会えるといったいわゆる“接触型イベント”は、日本でもコロナ禍の影響で中止になっていることがあるようだ。

しかし、テレビ電話で話し、メンバーの声を録音したぬいぐるみをもらうだけでは、ファンは納得できないだろう。

SHOPEE Thailandからの新たな対応は、未だ発表されていないという。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top